ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

豊田議員の態度と重なる人が実はかなりいる

テレビで、豊田議員の問題を扱っていて、一応批判しつつも実は、微妙に自分が同類と思っている人がいて、何とか差を見出そうとして「100歩譲って怒るとしても、家族・娘を出したらあかん」というように論点をずらしている宮根のような人がいる。

辛坊 治郎アナなど、最高レベルで偉そうで、暴言を吐く人だ。 ほかにもマネージャーに偉そうに怒っているということを思わず話したような人(橋本マナミ)もいる。

和田アキ子も多分暴力的だったろう。

マネジャーやテレビ局のスタッフを罵倒したり、いびったりする話はよくあるという。

日刊ゲンダイ芸能情報によると、以下のようなことがあるという。 「女性でも、たちの悪い芸能人は多い。有名なのは大物タレントKです。待ち合わせ場所をわざと間違えて、マネジャーにイチャモンをつけたり、スタッフをだまして下剤を飲ませ、腹を痛がる様子を見て楽しんだり……。」

「大物女優Mも過去に、その横暴ぶりをマネジャーに告発されています。」

「 大物アーティストHは“女王様”気取りで、周囲からどんどん人がいなくなっているといいます」

日々、豊田の暴言ぶりを伝えるアナウンサーの中で、たとえば 「民放の男性アナKです。ハイヤーの運転手に対する振る舞いがひど過ぎる。1分でも約束の時間に遅れるとブチ切れて、後ろの座席から蹴り上げることもある。担当の運転手は何人も代わっていて、誰もやりたがらない」

こういう人を許している芸能界、テレビ局がおかしい

●議員と秘書でもよくある話

河村建夫 自民党・元官房長官は、豊田氏の暴力行為を容認した上、「かわいそうだ。男性の衆院議員なら、あんなのはいっぱいいる。気持ちは分かる」 「あんなもんじゃすまない」といった。

さらに河村氏は「録音して(週刊誌に)持ち込むなんてあり得ない。いくらパワハラがあったとしても、選挙をやる者なら怒る」と語って、パワハラよりも告発を批判した。

細田は秘書が悪いといって豊田をかばった。

f:id:hiroponkun:20170703112250p:plain