ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

大阪松井知事が、沖縄差別発言擁護 機動隊員に「ご苦労様」とねぎらい

 


10月19日、沖縄東村高江における工事現場で、大阪府警機動隊員による「シナ人」「土人」などの差別発言がなされ、問題になっています。影像を少し見ましたが、その口調が「やくざまがい」で、この機動隊員の品性レベルが出ていました。その機動隊員の思想は右翼さんなのでしょう。しかも低レベルの右翼さんですね。


ところが大阪府の維新出身の松井知事が、なんとこの発言を擁護しました。熱心に職務を遂行したと評価し、「出張、ご苦労様」とねぎらいほめたたえています。さすが維新!人権感覚が抜群です。


こんな知事をこのまま居座らせる大阪府民の人権感覚も抜群です。

以下、参考までに前田さんのブログを紹介しておきます。

 

 

沖縄における大阪府警機動隊員差別発言:論点メモ


10月19日、沖縄東村高江における工事現場で、大阪府警機動隊員による「シナ人」「土人」などの差別発言がなされたことが発覚し、報道された。沖縄県警および菅官房長官は「不適切な発言」としている。
しかし、単なる「不適切な発言」にとどまるものではない。とり急ぎ論点をメモしておく。

第1に、当該発言は目の前にいた人物に向けて発声されたものであり、侮辱罪に当たる可能性がある(刑法231条「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。」)。


第2に、当該発言は明らかな差別発言である。「シナ人」という言葉については、一部に「Chineseの意味だから差別ではない」と主張する者もいるが、日本社会において中国人に対する差別がなされ、この言葉は差別的文脈で用いられてきた。今回も明らかに差別的文脈で用いられている。

第3に、「シナ人」という言葉を差別と侮蔑の意味で用いたことは、沖縄の人々に対する侮辱だけでなく、中国人に対する侮辱である。個人に対する発言ではないので侮辱罪は成立しないが、中国人全体に対する侮辱として政治問題化しうる。


第4に、当該発言は、日本政府が批准した人種差別撤廃条約1条の「人種差別」の定義に該当する。条約2条は、政府が「人種差別を非難」することを求め、「人種差別に従事しないこと」、「いかなる個人、集団又は団体による人種差別も禁止し、終了させる」を求めている。政府及び自治体はこの義務に従う必要がる。

第5に、条約4条はいわゆるヘイト・スピーチを禁止する条項である。日本政府は4条(a)(b)の適用に留保を付しているが、4条柱書及び(c)には留保を付していない。4条(c)は「国又は地方の公の当局又は機関が人種差別を助長」しないことを求めている。

 

第6に、本年制定されたいわゆるヘイト・スピーチ解消法は、定義の中に「本邦外出身者」という言葉を用いているので、沖縄の人々が除外される。しかし、「本邦内出身者」である沖縄の人々に向けて「本邦外出身者」として扱う差別表現が用いられたことに留意するべきである。


また同法が沖縄の人々を除外していることは、現実に沖縄の人々に対してヘイト・スピーチが行われていることに即していないので、同法の限界が明らかになったと言える。速やかな法改正が求められるのではないか。
Posted by 前田朗 at 5:22 PM

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
<沖縄ヘリパッド>「土人」発言機動隊員に「出張ご苦労様」

毎日新聞 10月20日(木)1時6分配信 

 

 


<沖縄ヘリパッド>「土人」発言機動隊員に「出張ご苦労様」


松井一郎知事


 ◇大阪・松井知事がツイッター投稿

 米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡り、現場警備に大阪府警から派遣された2人の20代の男性機動隊員が、工事への反対活動をする人に「ぼけ、土人が」などと差別的な暴言を吐いた問題で、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は19日、「(土人は)未開の地域住民を侮蔑する意味を含んだ言葉で、県民としても知事としても言語道断で到底許されず、強い憤りを感じている」と述べた。

 知事は近く県警本部長に会って機動隊の適切な管理を求める。

 

 また、菅義偉官房長官は記者会見で「不適切な発言を行ったことは大変残念」と指摘。「許すまじきことなので、警察庁においてしっかり対応すると報告を受けている」と述べた。そのうえで「地元の村から早く(北部訓練場の約半分の)返還を実現し、国立公園に指定してほしいと要望を受けている」と語り、年内に工事を終える考えを改めて示した。

 

 

 一方で大阪府松井一郎知事は、当時の様子をネット動画で見たとした上で、「表現が不適切だとしても、府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました」と自身のツイッターに書き込んだ。さらに「出張ご苦労様」とねぎらいの言葉も投稿した。

 

 この発言を巡り、府警は近く、隊員から事情を聴く方針を固めた。事実関係を確認の上、処分を検討する。【佐藤敬一、田中裕之、青木純、堀江拓哉】
.

【関連記事】
<沖縄ヘリパッド工事>移設反対運動リーダーを逮捕
<機動隊員が差別的な暴言>反対派に「ぼけ、土人が」
<市民220人が抗議集会>「土人」発言に反発「どんな教育しているのか」
<維新・松井代表>「江田氏、痴呆症…」 ツイッターで暴言、謝罪
<維新・松井代表>「どっちがまがい物か」蓮舫氏発言に激怒

最終更新:10月20日(木)11時36分