読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルヨガ

主流秩序、DV,スピシン主義、フェミ、あれこれ

塚本幼稚園「韓国人と中国人嫌い」副園長が保護者に手紙渡す

 

 

右翼で有名な塚本幼稚園が、こんどは副園長が「韓国人と中国人は嫌いです。日本精神を継承するべきです」とかいた手紙を保護者に渡すという差別行動をとった。

共同・日刊スポーツ[2017年2月16日]などによると、30代の女性の子どもが塚本幼稚園に通っていた2016年2月、「韓国人と中国人は嫌いです。日本精神を継承するべきです」と手書きされた副園長からの手紙を母親が受け取った。


この女性は、元々在日コリアンで、今は日本国籍という。ショックを受け、数日後に子どもを退園させた。

 


籠池泰典園長は、共同通信の取材に「園はどの国の人にも門戸を開いているが、日本人になったのなら、日本の文化に沿ってもらわないと困る」と話した。テレビではこの親がおかしな人物といっていた。

 

 

塚本幼稚園は、ホームページで「日本人としての礼節を尊び、愛国心を育てる」とうたい、籠池泰典園長は保護者向け文書などで「日本民族の統一性」を強調。2015年の運動会を撮影した映像では、園児に「日本を悪者にする中国や韓国は心を改めて。安倍(晋三)首相頑張れ」と選手宣誓させていた。年中行事として「海軍慰霊祭」などもしている。制服も水兵チック。

f:id:hiroponkun:20170218102604j:plain


HPの「園長の部屋」には以下のようなことも書かれていた。

「子供社会と同じ事が国際社会にも言える。中華人民共和国支那)にはまさにドンピシャである。異形の国と言われるが変な国なのだ。この国がなければ世界はまさにルールに基づいて動く。全てが民主的にルールに乗っ取って動く世界に駄々をこねて世界平和を乱す元凶は中華人民共和国支那)なのだ。・・・中華人民共和国は建国以来国家育成基礎的段階で大きな間違いをしでかした(共産主義を基盤とした国家…個人のことはどうでもよい集団最優先)だが、そのような揺籃期の権力闘争を経験し、素直な育ち方ができなかったがゆえに暴力装置(軍隊)を強大化し、近隣諸国に圧力と迷惑をかけ、領海領土まで侵犯し、実力行使をする。そして諸外国から外交的に抗議警告を受けるとサッと引き、また再び侵犯。お人よしで放っておくとフィリピンの南沙諸島のように実行支配される。…とすると、こちらが心に勇気をもって対応することだ。かの国がない方が世界平和につながるので、4つ位の国に分裂させるか、なくしてしまうことだ。」


塚本幼稚園は、「教育勅語」や「五箇条の御誓文」の朗唱をさせるとか、伊勢神宮への参拝・宿泊とか、兎に角、極右的なことを平気でやっているところ。 籠池泰典園長は「子供に学んでほしいことは何か、とつきつめたとき、その答えが明治天皇が国民に語りかけられた教育勅語にあったからです」と答えている。こういうところを放置している日本の政府がおかしい。八木秀次櫻井よしこ竹田恒泰といった右翼有名人を呼んで講演会もしている。

 

 

その塚本幼稚園の籠池泰典園長が、小学校運営に乗り出して不当な土地買収をしたためいま問題になっているが、それは次のブログでまとめる。

 

 

なお、こんなあやしい幼稚園に首相の妻昭恵氏がいったために宣伝に利用されている。首相夫婦にも責任がある。
 昭恵夫人は、同園の視察と教職員研修のため訪れたとき、鼓笛隊の規律正しいふるまいに感動の声を上げ、籠池園長が「安倍首相ってどんな人ですか?」いうと園児らが「日本を守ってくれる人」と答えた。それをみて昭恵氏は 「ありがとう。(安倍首相に)ちゃんと伝えます」といったという。愚かにもほどがある。2014年12月6日には 安倍昭恵首相夫人講演会「ファーストレディとして思うこと」という講演もしている。異常である。

 


で、産経新聞(産経WEST2015/01/08)はこうしたことを喜々として記事にしてこの幼稚園の宣伝に加担している。その表題が「【関西の議論】安倍首相夫人・アッキーも感涙…園児に教育勅語教える“愛国”幼稚園 「卒園後、子供たちが潰される」と小学校も運営へ」
いやー、安倍夫婦も今や困っているでしょうに。

 

 

安倍首相も2012年に(安倍が自民党総裁選に立候補したあと)、こんなあやしい幼稚園に行く予定をしていた。
「9月16日 安倍晋三先生 来る 尖閣諸島竹島北方領土(樺太の半分・千島列島・歯舞・色丹・択捉・国後)は日本固有の領土です。日本人および日本国は矜持を持って堂々と対峙せねばなりません。しっかりとした歴史観・国家感を持ち、それに裏打ちされた方向性と実行力を持ったリーダーに委ねたい。その最も有力な人物こそ、第90代内閣総理大臣 安倍晋三先生です。」といて安倍が来ることを宣伝していた。これは実際には自由民主党総裁選出馬による地方遊説などで忙しくなって中止になったが。